ホーム > 環境事業

土  木

建設発生土改良

総合建設業である弊社の特性を活かし自社工事の発生土の再利用を原点とし、建設工事から発生する残土を受入れ、粒度・強度を調整し改良土として製造販売致しております。 コンプライアンスを重視する為、残土受入れの際は廃棄物混入の展開検査及び土壌汚染対策法に基づく土壌分析調査書の提出をお願い致しております。

受入れ処理

改良土センターに残土を受入れ、土木資材と再利用可能な粒度及び強度を調整し、各工事現場のニーズに適合した改良土を販売いたします。

改良土センター

改良土は、搬入された土砂の多くは水分や粘土が含まれ強度が安定せず自然石等の混入でサイズにバラつきがあり土木資材として適さない為、振動篩によりサイズを整え、添加材を撹拌する事によって強度を向上させ、施工に適した加工製品です。

現場内改良

自走式土質改良機SR―G2000を導入し、各工事現場にて軟弱地盤の改良・河川溜池の浚渫土の改良を施工致します。

産業廃棄物処理

建設現場から発生する汚泥リサイクルを始めとし、工事中に遭遇する埋設廃棄物の撤去処置等をコンプライアンス面からトータルサポート致します。

建設汚泥処理

杭打ち工事、推進工事、シールド工事等から発生する建設工事に伴い発生する泥土は産業廃棄物の取り扱いとなります。資源循環環境を確立するため建設汚泥を受入れ造粒固化する事により品質を安定させ建設汚泥改良土(ユニ・ソイル)として販売致しており、造粒固化施設としての産業廃棄物処分業の許可も取得しており、建設汚泥を改良しユニ・ソイルを製造致します。

掘削廃棄物分別撤去

各地方自治体により指導方針が異なる土砂混じりの廃棄物を担当部局との調整を確実に行い現場内での分別作業・提携処分場への場外排出を施工・サポート致します。

土壌地下水汚染浄化

近年、工場跡地利用などの工事に伴って土壌汚染が顕在化する例が増加し、土壌汚染リスクに対する社会の問題意識は従来以上に高まっています。平成22年4月には土壌汚染対策法が改正され、汚染のおそれがある事業用地の土壌調査、汚染土壌に関する情報公開、浄化措置の実施などの義務付けが強化されました。土地を所有・使用、または売買する事業者にとって、これら社会的要請への対応は必須の課題となっています。
こうしたなか、当社は低コスト・短期間での原位置浄化を特長とする技術とノウハウに加えて、これまで培ってきた調査機関から最終処分までの専門機関とのネットワークを駆使したサービスを御提供いたします。

VOC・油汚染浄化

バイオレメディエーション
有害物質で汚染された自然環境(土壌汚染の状態)を、微生物の力を利用して有害物質を含まない元の状態に戻します。
バイオスティミュレーション
Stimulation=刺激

既に土壌中に生息している有用微生物に栄養を与えて活性化させる事で、汚染物質分解を促進させて浄化する方法です。一般的にバイオレメディエーションとして現在使われている方法です。

バイオオーグメンテーション
Augmentation=増加

汚染土壌に有用微生物を注入して浄化を行う方法です。 この場合、汚染場所の土着微生物ではないので周辺の生態系に影響を与えない配慮が必要となる観点から、行政では適用条件を制限しています。

ホットソイル工法
汚染土壌を搬出することなく、現地において確認しながら処理ができ、短期間での施工が可能であり、安価で経済的な工法です。汚染土壌を焼却することがないため、ダイオキシンなどの発生がありません。特に高濃度箇所に有効であり、処理土は埋め戻しや再利用が可能です。生石灰などの無機化合物の水和反応熱を利用しているため、CO2の発生がなく、熱源に他のエネルギーを必要としません。産業廃棄物の発生もなく、2次汚染の心配のないクリーンで環境に優しい工法です。
スファグ・ソーブ工法
スファグ・ソーブはカナダのアルバーダ州から産出される水ごけ泥炭を100%原料として製造しております。最適な状態に脱水乾燥されたスファグ・ソーブは独特の細胞構造により、オイルや他の炭化水素を完全に吸い取り、細胞の中に固着して浸み出す事が無いという特性を持っています。
このことはスファグ・ソーブが多孔質で非常に大きい表面積を持つ事と吸着した炭化水素の固着を完成させるイオン交換作用の結果であるといわれております。また親水性が無い為、水上に浮遊するオイルや他の炭化水素類をスファグ・ソーブが浮いている間に吸着し回収する事ができます。固着したスファグ・ソーブ自体が沈んでしまっても吸着されたものはスファグ・ソーブの中に固着されており、それ自体が自然製品ですので、環境に被害を与える恐れは無いのです。また、スファグ・ソーブ内部に取り込まれたオイルは、保たれて浸み出さずに生分解され、魚類や植物等に損害をあたえる事がありません。

重金属汚染浄化

不溶化処理法
固化材及びキレート剤を使用し汚染土壌を無害化、不溶化します。場外搬出をしない為、低コストでの処理が可能です。

土壌掘削置換法
・汚染土壌を入替える方法です。
・短期間で修復が可能です。
・重金属・VOC全ての汚染物質に対応できます。

総合建設事業 | 環境事業 | 採石業 | 会社案内 | リクルート | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ホーム
Copyright © Nagasaka-kensetsu All Rights Reserved.