ホーム > スファグ・ソーブ工法

スファグ・ソーブとは

スファグ・ソーブはカナダのアルバーダ州から産出される水ごけ泥炭を100%原料として製造しております。最適な状態に脱水乾燥されたスファグ・ソーブは独特の細胞構造により、オイルや他の炭化水素を完全に吸い取り、細胞の中に固着して浸み出す事が無いという特性を持っています。

このことはスファグ・ソーブが多孔質で非常に大きい表面積を持つ事と吸着した炭化水素の固着を完成させるイオン交換作用の結果であるといわれております。また親水性が無い為、水上に浮遊するオイルや他の炭化水素類をスファグ・ソーブが浮いている間に吸着し回収する事ができます。固着したスファグ・ソーブ自体が沈んでしまっても吸着されたものはスファグ・ソーブの中に固着されており、それ自体が自然製品ですので、環境に被害を与える恐れは無いのです。また、スファグ・ソーブ内部に取り込まれたオイルは、保たれて浸み出さずに生分解され、魚類や植物等に損害をあたえる事がありません。

●油類の他、ほぼ全ての有機溶剤を吸収・吸着し、多孔質内に固定します。
●親水性が無い為、水面に浮遊している油類も簡単に吸着できます。
●水ごけ素材を水分約10%に加工してあるため、軽量で運搬も簡単です。
●油・有機溶剤で汚染された土壌の改良にも効果的に使用できます。
●人体に無害の天然素材を原料としているため、簡単に作業でき、
  焼却も有毒ガスを発生することもありません。
●動物の血液や尿等も吸着する事ができ、臭気をも殆ど閉じ込める事ができます。
●天然素材100%から作られるスファグ・ソーブは化学物質と違い、環境を汚染しない地球に優しい吸収・吸着剤です。
●他製品と比べて驚くほど吸収・吸着率の高い製品です。(スファグ・ソーブ1kgで約10リットルのB重油を吸収・吸着します)
●一度吸収・吸着した油類や炭化水素類はスファグ・ソーブの細胞内に固定され、外部に漏れ出すことなくほぼ生分解され、無害化します。
●スファグ・ソーブは、カナダ、アメリカ、オーストラリア、スペイン、フランス、ブラジル、チリ等々、世界各国でも使用されております。

産学協同研究 ピートモス(スファグ・ソーブ)による油の吸着と生分解

九州大学大学院教授 大坪政美 農学博士
【1】 地中・水中において、油類を吸着した
   スファグ・ソーブの生分解を実証
【2】 吸油・脱油テストにおいて、
   スファグ・ソーブの優位性を実証
総合建設事業 | 環境事業 | 採石業 | 会社案内 | リクルート | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ホーム
Copyright © Nagasaka-kensetsu All Rights Reserved.